こちらのコーナーは、重政印刷社長・重政芳巳の趣味のコーナーです。
 興味をお持ちの方、お暇な方はどうぞご購読下さい。また、このコーナーへのご感想やご質問もE-mail info@shigemasa.co.jp にて、受付けております。共感を持たれた方、ぜひご連絡下さい!!


 昭和28年生まれの現在51歳・身長173cm・体重72kg・ドライバー飛距離 240ヤード。
 ゴルフに興味を持ったのは、ジャンボ尾崎がテレビ画面に登場してから。テレビ画面を通して見たジャンボ尾崎・青木選手の勇姿を見てかっこ良いと思ったし、新しいスポーツの到来を感じたのを覚えている。
 友人のお父さんのゴルフクラブを借りて、当時50mに満たない距離のインドアで初打ちをした。真直ぐ飛ぶことはないが、それなりには面白かった。山口市吉敷にあったインドアは、当時年会費1万円で、月に1千円払えばボールは打ち放題。当時サラリーマンであった私は、余暇さえあればボールを打ちに行っていた。コーチも居ない練習場なので、見よう見真似でとにかくボールを叩いていた。
 初ラウンドは昭和56年。昭和55年のある日、所属課にゴルフの上手い先輩がいて、私がゴルフの練習をしている事を聞いて練習場に誘ってくれた。彼いわく『ボールが真直ぐ飛ばなければ、コースに出るのは早すぎる』と常日頃から口癖だったらしい。練習場での私のボールを見て、『まだ、ラウンドには早すぎるな!』と一言。それから約1年間、月々1千円おばちゃんに払い、ボールが無くなれば、自分でボールを集めてきては打ち続けた。
 そして初ラウンド。場所は山口カンツリークラブ(par70)、友人のお父さんのハーフセットクラブを1万円で購入し参加した。1番ホール、ドライバーでティーアップしたがトップし、飛距離50ヤード。その後はドライバーは一切使用せず、aut52・in54の106点。初参加なので賞品には絡まなかったが、緊張の中楽しくラウンド出来たのを覚えている。
 今の人は『練習場に1度行ったよ』とか言ってラウンドしている。が私たちの時代は、怖い先輩がいてその人の許可が出なければラウンドする事は出来なかった。ラウンドまでのインドアでの1年以上に及ぶ練習がその後のスコアに現れたのか、以後現在まで300ラウンド以上回っていると思うが、100点以上のスコアでのラウンドは10回以上無いはずである。
 現在山口カンツリークラブでのオフィシャルハンディ6。月1ゴルファーにしては頑張ったかなと思っている。公式競技にも参加しているが、なかなか予選を通過しない現状です。
 フォームをチェックしてくれる人、チョットしたノウハウを教えてくれる人もいなかった初心者時代は、プロの写真を見ながらフォームを作ったり、良く分からない専門用語を理解出来ないまま、しこたまボールを打込んだ。今考えると遠回りをしたものだなと思う。
 スポーツ誌等を読んでいても、トッププロ・トップアマの練習教本は眼にするが、苦労してやっとシングルになった人の話しとか、苦労話の本を眼にした事はない。
 100・90を切れなくて悩んでいる同士達、色々な寄り道をしてヤット掴んだシングルとゴルフ雑学の話しをしてみませんか。ひょっとしたら上達の近道のヒントを与えられるかも。共感できる人連絡ください。

 
能面については、こちらにどうぞ

 こちらのコーナーは、重政印刷社長・重政芳巳の趣味のコーナーです。
 興味をお持ちの方、お暇な方はどうぞご購読下さい。また、このコーナーへのご感想やご質問もE-mail info@shigemasa.co.jp にて、受付けております。共感を持たれた方、ぜひご連絡下さい!!

有限会社 重政印刷 山口市幸町
E-mail info@shigemasa.co.jp